light
light
cloud
Connecting Markets East & West
アジアから世界へ、お客様の未来と市場をつなぐ
grass
light
野村ブランドストーリー The Nomura Brand Story
私たち野村グループのブランドストーリーは、「すべてはお客様のために」という基本観のもと、「アジアに立脚したグローバル金融サービス・グループ」として、お客さまのニーズに対応して、付加価値の高い商品やサービスを提供していくということです。そして、日本の金融機関のなかでも唯一本格的なグローバル・ネットワークを有する強みを活かし、アジアをマザーマーケットとしてアジアと日本、そして世界をつないでいきます。この野村のブランドストーリーは、コーポレートメッセージとそれを支える4本の柱から構成されています。
野村コーポレートメッセージ Our Brand Promise
野村グループは、「すべてはお客様のために」という基本観のもと、「アジアに立脚したグローバル金融サービス・グループ」として、これまでに培った知識と経験を活かし、お客様のニーズに対して付加価値の高い商品やサービスを提供します。そして、これまで日本の金融市場の発展やアジアの成長に寄与してきた実績を活かし、アジアと日本、そして世界をつなぎます。90年を超える歴史のなかで、脈々と受け継がれている「創業の精神」を貫き、世界で最適なパートナーとして選ばれることで社会や経済の発展に貢献します。
New York
cloud
cloud
コーポレートメッセージ4本の柱
  • すべてはお客様のために 野村グループは、創業以来変わらぬお客さま重視の考えのもと、「すべてはお客様のために」という基本観に立ち、お客さまのニーズや社会の変化に対応して、付加価値の高い商品やサービスを提供し、社会や経済の発展に貢献していきます。
  • アジアに立脚 日本を含むアジアをマザーマーケットとする野村グループは、グローバル金融サービスグループとして他社にない強みを持っています。1925年の設立以来、このマザーマーケットで積み重ねてきた経験は、比類なきものです。アジアを熟知している野村だからこそ、多種多様の文化や習慣を理解した上でお客さまに最適なサービスを提供することが出来ます。
  • グローバル・ネットワーク 野村の創業者は、設立当初からグローバル展開を視野に入れていました。そして、主要地域すべてにおいて事業基盤を確立した今、まさにこのビジョンを現実にしたといえます。迅速な対応と緊密な連携で、アジアと欧米市場の動きを熟知し、一貫した執行能力でお客さまのニーズにお応えします。
  • 規律と企業家精神 設立当初から創業者は、社員に規律ある行動と企業家精神という行動規範を推進した結果現在の野村ならではのビジネスにおけるバランス感覚を育んできました。その流れを受けて、常に創造性豊かな視点で、リスクを考慮したソリューションを提供することを心がけています。
昭和29年に制定された社章
現在のモダン化されたロゴデザイン
野村のシグネチャーグラフィック
野村キーデザイン The Nomura Signature Graphic
野村グループのキーデザインは、当社の社章を基にしています。当社の社章は、野村家の由緒ある紋章のツタ(蔦)の葉と、屋号の「ヤマト」をあしらったものです。「 ト 」 は、創設者 野村徳七の名前からとられ、また、「 ヤマ 」印は、江戸時代から金(かね)に縁のある商家が、多くこれを屋号に冠していました。社章にあった「ヤマ」の象形文字をとりモダン化したものが、現在 企業ロゴとして親しまれているNOMURAの「M」です。キーデザインは、NOMURAの「M」を抽象化したもので、野村の歴史・伝統と先見性を融合し、進歩と勢いを表しています。キーデザインは、野村のロゴの特徴を崩すことなく形作られています。
bg
Connecting Markets East & West