外部評価

ESGインデックスへの組み入れ状況(2017年9月時点)

野村グループのESG(環境・社会・ガバナンス)への取り組みは、社外から高く評価され、国内外のESGインデックスの組入銘柄として採用されています。

Dow Jones Sustainability Indices ロゴ Dow Jones Sustainability Indices
米国ダウ・ジョーンズ社とRobecoSAM社が選ぶ、世界で初めてつくられたサステナビリティ株式指標
DJSI World(DJSIワールド)およびDJSI Asia Pacific(DJSIアジア・パシフィック)両指数に採用
FTSE4Good Index ロゴ FTSE4Good Index
ロンドン証券取引所の子会社であるFTSEが作成する、世界中の優良企業を選定した社会的責任投資指標

FTSE ホームページへ(英語のみ)

FTSE Blossom Japan Index ロゴ FTSE Blossom Japan
ロンドン証券取引所グループのFTSE Russellが作成する環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業により構成される指数

FTSE Blossom Japan Index ホームページへ

STOXX Global ESG Leaders ロゴ STOXX Global ESG Leaders
ドイツ証券取引所の子会社であるSTOXX(ストックス)社が提供する、世界の主要企業から、ESGの評価基準を満たした企業が選定される社会的責任投資(SRI)の世界的な株価指数
MS-SRI ロゴ MS-SRI
モーニングスター株式会社が国内上場企業の中から社会性に優れた企業と評価する150社を選定し、その株価を指数化した国内初の社会的責任投資株価指数
SNAMサステナビリティ・インデックス ロゴ SNAMサステナビリティ・インデックス
ESG評価(環境、社会、ガバナンス)と株式価値評価(ファンダメンタルバリュー)を組み合わせて損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントが独自に作成するアクティブ・インデックス

受賞・評価実績等

チャンネル・ニュース・アジア・サステナブル・ランキング アジアで最も持続可能な企業100社
Channel NewsAsiaらによるESG(環境、社会、ガバナンス)のパフォーマンスに優れているアジア企業のランキングにおいて、2年連続で日本の金融機関として唯一ランクイン
Clean City Award ロゴ Clean City Award
ロンドンの環境保全活動において、クリーン・シティ・アワードのプラチナアワードを受賞

2017年

  • 「CDP気候変動レポート2017」において、上位ランクである「リーダーシップレベル(A-)」の評価を獲得(2017年10月)
  • 経済産業省・東京証券取引所による「攻めのIT経営銘柄2017」に選定(野村ホールディングス)(2017年5月)
  • 経済産業省・東京証券取引所による「準なでしこ銘柄」に選定(野村ホールディングス)(2017年3月)
  • 経済産業省による「健康経営優良法人2017~ホワイト500~」に認定(野村ホールディングス)(2017年2月)
  • 東洋経済CSR企業ランキング2017において、所属業種内1位(金融機関6位)(野村ホールディングス)(2017年2月)
  • 日経環境経営度ランキング2017において、所属業種内1位(金融機関7位)(野村ホールディングス)(2017年1月)
  • クリーン・シティ・アワードにおいて、プラチナアワードを受賞(野村ホールディングス)(2017年1月)

2016年

  • 「CDP気候変動レポート2016」において、上位ランクである「リーダーシップレベル(A-)」の評価を獲得(2016年10月)
  • 「PRIDE指標」において、最高位の「GOLD」を獲得(野村證券)(2016年10月)
  • アジアで最も持続可能な企業100社に日本の金融機関として唯一ランクイン(野村ホールディングス)(2016年9月)
  • 女性活躍推進に関する優良な企業として「えるぼし」認定の最上位である3段階目の認定を取得(野村信託銀行)(2016年6月)
Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー グループ会社の活動を動画でご紹介