第9回日経STOCKリーグ各賞を発表

「日経STOCKリーグ」とは日本経済新聞社が主催する中学生、高校生、大学生を対象としたポートフォリオ学習およびレポート作成コンテストです。2008年度で第9回を迎えるこのイベントに、野村グループは、金融・経済リテラシー向上の取り組みとして、第1回より特別協賛を行っています。

審査委員会による厳正な審査の結果、下記の通り第9回入賞チームが決定しました。

最優秀賞

鹿児島大学教育学部附属中学校2・3年
「MADE IN JAPANが世界を救う! ~今こそ日本のよさをアピールする時~」

部門賞

【中学部門】本郷中学校3年
「The Noise Busters ~投資で創る 静かな社会~」

【高校部門】大分県立情報科学高等学校3年
「THE BEST PARTNER ~「ゆうえんち」から学んだ大切なこと~」

【大学部門】一橋大学3年
「恐慌を超える ~“否定する”企業たち~」

敢闘賞

岡山県立岡山盲学校2・3年
「『未来を創る太陽電池』太陽電池がエネルギー革命を起こす」

立教池袋高等学校2年
「PINCH・CHANCE・CHANGE!? ~百年に一度の大不況をバリュー投資で乗り越える~」

茨城県立水戸商業高等学校3年
「明日への架け橋 再生医療」

東京経済大学2・3・4年
「日本企業が起こす原子力「新」時代 ~世界に誇る日本の原子力技術~」

慶應義塾大学4年
「娯楽ファンドのすすめ!」

審査委員特別賞

【輝く未来賞】筑波大学附属高等学校2年
「漆黒の夜空が暗ければ暗いほど、星は明るく輝き、未来への道を照らす」

【地域の元気が出るで賞】同志社大学3年
「京都式企業の可能性 ~古都に潜む底力~」

【チャレンジ賞】同志社大学3年
「サイコロ分析 ~行動ファイナンスによる株価分析~」

Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー グループ会社の活動を動画でご紹介