「街のけいざい教室活用事例集」を全国の小学校に寄贈

「街のけいざい教室活用事例集」表紙

野村ホールディングス株式会社は、小学校向け金融経済教育教材「街のけいざい教室」の授業実例を紹介した「街のけいざい教室活用事例集」(以下活用事例集)を株式会社学習研究社と共同で制作し、4月6日より全国23,000の小学校へ寄贈しました。

この活用事例集は、昨年春に同じく株式会社学習研究社と共同で制作し多くの先生から好評をいただいている、「街のけいざい教室」(※)を実際に活用いただいた12の小学校を取材し、授業計画案や展開案、授業風景を紹介したものです。制作にあたっては、筑波大学付属小学校の都留覚教諭に監修をしていただきました。

野村グループは、従来より若年層への金融経済教育の支援に力を入れております。2006年には、中学校向け金融経済教育教材「街のTシャツ屋さん」を制作し、これまでにご希望をいただいた全国2,800の中学校に合計で約28万部を寄贈しました。野村グループは、今後も次世代を支える若者たち、未来を担う子どもたちに向け、金融や経済に関する正しい知識の普及に努め、企業としての社会的責任を果たしてまいります。

Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー グループ会社の活動を動画でご紹介