野村グループ チャリティコンサートを開催いたしました

野村グループは、20年間にわたり支援を続けている国際教育音楽祭、パシフック・ミュージック・フェスティバル(PMF)の協力を得て、2010年8月5日にチャリティコンサートを開催しました。

オペラシティ・コンサートホールで開催されたコンサートには1,100人以上の方々が来場され、素晴らしい演奏に会場は大変な賑わいとなりました。

今回のコンサートは、ラオスに小学校を建設するためのチャリティコンサートとして開催されました。チケット代に含まれている寄付金、および来場者からの寄付は、識字率向上と女子教育促進に注力して活動しているルーム・トゥ・リード(本部:米国)を通じて、その全額が、小学校建設に使用されます。

今年度のPMFの芸術監督を務めた指揮者のファビオ・ルイジ氏(ウィーン交響楽団首席指揮者)には、今回の途上国の教育支援という野村グループのチャリティ企画の趣旨に賛同いただき、PMFアカデミー生たちを率いて素晴らしい演奏を会場の皆さんに提供していただきました。

私たち野村グループは、PMF組織委員会、ならびに演奏家の方たちからのご協力をいただき、この企画を実現・成功させられたことを大変嬉しく思っております。この場をお借りして、本チャリティ企画にご協力くださいました皆様に心よりお礼を申し上げます。

ラオス北部で建設中の小学校の情報は、今後当ホームページにて紹介していきます。

Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー グループ会社の活動を動画でご紹介