パナソニックと共同で夏休み親子教室を開催

野村グループ は、2013年8月にパナソニックと共同で「身近なお金とエネルギーについて、体験しながら楽しく学ぼう!」と題した夏休み親子教室を社員の子供たち向けに開催しました。両社の社員の親子約80名が、為替とエネルギーについて、ゲームやハイブリッドカー工作を通して学びました。

今回のイベントは、異業種である2社がタッグを組み、互いの専門分野を活かして、金融と環境という異なる2つの分野を一日で学ぶ企画です。終了後のアンケートでは、子どもたちからは「円高、円安の意味がわかってうれしかった」「ガソリンと電気など、地球環境のために2つ以上のエネルギーをうまく使い分けることが「ハイブリッド」の意味と知って勉強になった」との感想が、保護者からは、「2つの分野を同時に学べてとても良い企画だと思いました」との感想が寄せられました。

「ハイブリッドカー」工作

写真:「ハイブリッドカー」工作

まなぼう教室

写真:まなぼう教室
写真:集合写真
Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー グループ会社の活動を動画でご紹介