金融ビジネスを通じた社会課題の解決

野村グループは、お客様のニーズにあわせた商品・サービスの提供を通じて適切な資金循環を促し、経済成長と社会の持続的な発展に貢献することが金融サービス業の社会的役割であると考えています。

野村證券は、2016年9月に野村総合研究所(NRI)が発行する「NRIグリーンボンド」の商品組成・引受・販売を行いました。NRIは、国内市場初の円建てグリーンボンドの発行を通じて、グリーン投資の実践と国内のグリーン投資の活性化を促し、持続的な未来社会の実現をリードすることを目指しています。気候変動対策として関心が高まる「グリーンボンド」について、社内外のステークホルダーが議論しました。

写真:野村総合研究所 常務執行役員 横山賢次

野村総合研究所
常務執行役員
横山賢次

写真:野村総合研究所 サステナビリティ推進室 室長 本田健司

野村総合研究所
サステナビリティ推進室 室長
本田健司

写真:野村證券 コーポレート・ファイナンス一部 部長 栗原裕治

野村證券
コーポレート・ファイナンス一部 部長
栗原裕治

写真:野村證券 資本市場部 部長 中村徳雄

野村證券
資本市場部 部長
中村徳雄

ダイアログの詳細はSustainable Japan ウェブサイトをご覧ください。

写真:横山賢次 本田健司 栗原裕治 中村徳雄

対話を通じて

日本のグリーンボンドマーケットの発展に向けた貢献を行っていきます

パリ協定の発効や、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資の広がりを背景に、グリーンボンドは、環境問題への対策手段として国際的に注目されており、世界的に発行額が急増しています。グリーンボンドという手法は、発行体の気候変動課題に対する積極的な取り組みを投資家のみならず、幅広いステークホルダーに示すことができます。日本での普及はこれからと言われる中、ESG投資を行いたい投資家側のニーズと発行体側の動きが重なり合い、グリーンボンド市場のさらなる拡大が期待されています。私たちは、ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、グリーンボンドに対する社会の認知を高めるとともに、日本のグリーンボンドマーケットの発展に向け貢献していきます。

Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー グループ会社の活動を動画でご紹介