営業部門|メッセージ

時代の変化とともに多様化するお客様の悩みやニーズにしっかりと対応します。営業部門長 山口 英一郎

強み・課題・対応策

強み
  • 国内証券最大の支店網と顧客基盤
  • 質の高い投資情報の調査・発信能力
  • 高度なコンサルティング能力
  • グループ内の機能を活かした、他社との差別化
課題
  • お客様の中核資産へのアプローチ
  • 市況に左右されやすい収益体質
  • 高齢のお客様のご家族との関係構築
  • 若い顧客層の拡大
対応策
  • お客様に全幅の信頼を寄せていただけるコンサルタントの養成
  • 残高収入の拡大による、安定的収益基盤の構築
  • 高齢のお客様とそのご家族を対象とした商品・サービスの拡充
  • 若年層向けコンテンツ(Web、セミナー、ロボアドバイザーなど)の拡充

戦略(価値創造への取り組み)

営業部門では、「お客様の信頼と満足度を高めることによって、ビジネスを拡大すること」、そして結果として「多くの人に必要とされる金融機関になること」を目指し、ビジネスモデルの変革に取り組んでいます。また2020年3月期に向けた重要な業績評価指標として、税引前当期純利益1,950~2,050億円、顧客資産残高150兆円、ストック収入費用カバー率50%※1の達成を目指しています。そうした状況のなか、これらの取り組みを加速させ、今まで以上にお客様の信頼と満足度を高めるべく、今期、組織を大幅に改正しました。

また、かねてより進めているさまざまな取り組みとして、例えば、お客様へのコンサルティングをさらに価値のあるものとするために、相続・事業承継対策のニーズへの対応力を強化しています。具体的には、野村信託銀行で遺言信託・遺産整理業務のサービスを開始し、野村資産承継研究所※2では資産承継研究会を立ち上げ、会員である全国の税理士の方々との、相続・事業承継に関する研究や情報交換を目的としたネットワークの構築を強化しました。

また、従来からの少額投資非課税制度(NISA)に加え、2017年1月から加入対象者が大幅に拡充された個人型確定拠出年金(iDeCo)や、2018年1月からスタートする積立NISAは、資産形成層の方々を中心に幅広い投資家層に訴求できる制度です。さまざまなチャネルを通じて、制度の魅力をお客様にお伝えしていきます。

お客様の利便性向上の観点からも、取り組みを進めています。2017年1月より即時口座振替サービス「あんしん振替」を開始しました。これにより、お取引店へのお電話や野村ホームトレードでの簡単な操作だけで、即時に野村證券のお客様の証券口座に資金を振替入金いただくことができるようになりました。

また、オンラインサービスのさらなる満足度向上を目指し、「野村ホームトレード」と「野村ネット&コール」のサービスを統合した「野村のオンラインサービス」を2018年1月から新たにご提供する予定です。

お客様の満足度を重視する姿勢もより明確にしていきます。毎年行っている「営業担当者別お客様満足度調査」を今期も継続していきます。

1 投資信託の信託報酬など、お客様からお預かりした資産に対する継続的なサービスによる収入(ストック収入)で、部門の費用をカバーする比率

2 相続・事業承継の研究と情報発信を事業目的とする、野村ホールディングス100%子会社(2015年4月設立)

個人に提供しておりますサービスは、日本国内住居者向けサービスとなっております。

Morning Pitch(モーニング・ピッチ)は、野村證券新宿野村ビル支店で、毎週木曜朝7時から開催している、ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すことを目的としたイベントです。日本経済をけん引していく新しい企業の登場を加速させるために2013年にトーマツ ベンチャーサポートと野村證券の社員の発案で始まりました。現在までに900社超のベンチャー企業が、プレゼンテーションを行い、毎回活発な質疑応答が行われています。

2017年3月期の振り返り

上半期は、不透明な市場環境がつづき、投資家が取引を手控える動きもみられました。2016年11月のアメリカ大統領選後は、円安・株高が進み、株式や債券などの売買が回復しましたが、通期の収益は3,744億円、税引前当期純利益は748億円と、前年比で減少しました。

このようななか、営業部門では、お客様一人ひとりの悩みやご要望をヒアリングし、最適なソリューションを提供する、コンサルティング営業への取り組みを継続しました。この結果、投資一任残高などが拡大し、収益の安定化につながりました。また、預り資産もこの1年間で増加し、過去最高に近い水準となっています。

業績の推移