受賞・外部評価一覧

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

媒体 アワード カテゴリー 年月
Thomson Reuters アナリスト・アワード・ジャパン2018
証券会社部門
総合第1位
収益予想部門
総合第1位:テクノロジー/ハードウェア(和田木 哲哉)
[業種別]
第1位:機械(斎藤 克史)、テクノロジー/ハードウェア(和田木 哲哉)
第2位:ソフトウェア&ITサービス(田中 誓)、運輸(広兼 賢治)
第3位:自動車(桾本 将隆) 、エネルギー&ユーティリティ(松本 繁季)、日用品(河野 孝臣)、紙パ・素材(河野 孝臣)、商社(成田 康浩)
銘柄選択部門
総合第3位:小売り(青木 英彦)
[業種別]
第1位:小売り(青木 英彦)、家電(岡崎 優)
第2位:紙パ・素材(河野 孝臣)
第3位:銀行(高宮 健)、エネルギー&ユーティリティ(松本 繁季)、レストラン(皆川 良造)、機械(野口 昌泰)、小売り(皆川 良造)
2018年8月
Institutional Investor 「2018 トップ・ジャパン・コーポレート・アクセス・プロバイダー」ランキング
  • 1位:コーポレート・アクセス・プロバイダー
2018年4月
「2018オール・ジャパン・リサーチ・チーム」ランキング
  • 総合第1位
  • 1位入選11セクター:自動車、金融/銀行、飲料・食品・たばこ、建設、エレクトロニクス/産業用、エレクトロニクス/精密機器、インターネット、機械、ソフトウェア、通信、債券戦略
  • 2位入選11セクター:放送、住宅・不動産、メタル、プラント・造船、REIT、特殊材料、商社 、為替、経済、株式戦略、クオンツ リサーチ
  • 3位入選6セクター:化学、エレクトロニクス/部品、エネルギー・ユーティリティ、ヘルスケア・医薬品、金融/保険・その他金融、運輸
  • 入選4セクター:自動車部品、エレクトロニクス/民生用、OTC・小型企業、小売
2018年4月
「2018オール・ジャパン・セールス・チーム」ランキング
  • 総合第1位:日本セールス・チーム
2018年4月
Japan's Top Corporate Access Provider Ranking
  • 総合第1位
2017年5月
GlobalCapital GlobalCapital Bond Awards 2017
  • 1位:Coming Force in FIG Bonds
  • 1位:Best FIG Bond House for Creative and Useful Funding Ideas
  • 1位:Most Impressive FIG Bond House in Yen
  • 1位:Most Impressive Uridashi dealer for SSAs
  • 2位:Most Impressive Bank at Sourcing New Borrowers for the MTN Market, Most Impressive FIG Bond Syndicate Banker
  • 3位:Most Impressive FIG Bond House in Sterling, Most impressive SSA Bond Origination Banker
2017年6月
Global Derivatives Awards 2017
  • Volatility Derivatives Bank of the Year
2017年9月
Asiamoney アジアマネー・ブローカーズ・ポール2017
  • 1位:ベスト・ローカル・ブローカレッジ(日本)
2017年12月
Risk Magazine Risk Awards
  • Risk solutions house of the year
2017年11月
AsiaRisk Interdealer Rankings
  • No.3:個別銘柄エクイティ・プロダクト(日本)
  • No.3:金利プロダクト(日本円)
  • No.4:エクイティ・インデックス・プロダクト(日本)
  • No.5:為替プロダクト(日本円)
  • No.5:為替プロダクト(韓国ウォン)
2017年3月
The Asset The Asian Local Currency Bond Benchmark Review
  • Best Research Individuals in Asian Local Currency Bonds
2017年11月
  2017 Asian G3 bonds Benchmark Review
  • 10位以内にアナリスト2名入賞
2017年9月
日経 日経アナリストランキング
  • 企業アナリスト総合 1位
市場関連を含む32部門の総合ランキング
1位:産業用電子機器、ガラス・紙パ・その他素材、鉄鋼・非鉄、精密機械・半導体製造装置、機械、造船・プラント、銀行、建設、ビジネスソリューション、レジャー・アミューズメント
2位:電子部品、自動車、化学・繊維、商社、通信、放送・広告、REIT、クオンツ
3位:食品、証券・保険・その他金融、住宅・不動産、電力・ガス・石油
2018年3月
債券・為替アナリスト エコノミストランキング
会社別総合 4位
1位:クレジットアナリスト
3位:為替アナリスト
2018年3月
Connecting Markets East & West 野村のブランドの考え方(新しいウィンドウ)
NOMURA 日本の挑戦を、サポートするという誇り。東京2020 ゴールド証券パートナー