アセット・マネジメント部門|価値創造のための戦略

強み・環境 / 課題・対応策

強み
  • グローバルに展開する運用体制と質の高い運用調査能力
  • 内外投資家の資産運用ニーズの多様化に応える運用ソリューション提供力
  • 業界を先取りする高度な運用手法の開発などに挑戦する人材とノウハウ

環境

課題

アセット・マネジメント部門の持続的成長を可能にするために

  • 競争が激化する国内外の資産運用業界でさらに存在感を高めること
  • 国内個人投資家に対する資産運用の魅力の喚起と新たな投資家層の開拓
  • 海外事業の拡大を通じてた収益基盤の多様化と事業基盤の堅固化
  • デジタル化(テクノロジーを活用した運用手法開発やビジネス・プロセスの変革)への取り組み
対応策
  • 運用戦略、商品、サービスにおける“差別化要因“の明確化
  • さまざまなライフステージの投資家に資産運用を身近に感じてもらえるためのサービスと商品の提供
  • 海外事業での運用とマーケティングにおける効果的な資源配分の実現
  • デジタル化を推進する人材の確保やインフラ整備

環境の変化に応じた施策

アセット・マネジメント部門では、「すべてはお客様のために」という基本観に立ち、変化する事業環境やお客様の運用ニーズ、社会からの要請に応えるための取り組みを通じて運用資産残高の拡大に取り組んでいます。近年では特に以下の取り組みに注力してまいりました。

運用資産残高の推移

競争環境の激化や顧客ニーズが多様化するなかでの中長期的な戦略

資産運用業界は、世界経済の発展とともに引き続き堅調な成長が見込まれています。その一方、先進諸国を中心とする地域での低金利環境の長期化や、政治や経済における不確実性の高まりのもとでは、投資家が期待する運用サービスを提供し、事業基盤を拡大していくためには、差別化に繋がる高度な運用戦略、商品、サービスの提供がますます求められてきています。これにともない業界内では、商品群の拡充や規模の拡大によるコスト競争力の強化を目指した合従連衡の動きに加え、異業種からの参入も相俟って、競争環境は激しさを増しています。
このような環境のもと、アセット・マネジメント部門は、傘下の中核会社、野村アセットマネジメントが掲げる企業理念、「最高の付加価値の創造」、「高度な専門性の追求」、「信頼の獲得と社会への貢献」に基づき、お客様本位の業務運営を推進し、期待を超える成果を世界中のお客様に提供することを目指しています。そのために、国内外の投資家に対して運用成果を提供することのみならず、資産運用業を通じてSDGsに代表される社会的課題の解決に向き合い、責任ある投資家として活動することも重視しています。さらにデジタル化の潮流が加速するなか、多種多様の情報やデータを活用した運用戦略の開発を含め、テクノロジーを駆使しつつ、事業環境の変化に対応した施策にも積極的に取り組んでいます。

運用サービスにおける差別化

アセット・マネジメント部門では、多様化するお客様の要望に応えるため、運用成果の提供のみならず、オルタナティブ運用戦略の拡充や複数の資産クラスや運用手法を組み合わせた運用戦略の開発など、当社ならではの差別化された運用サービスの提案に取り組んでいます。

投資家層の裾野拡大

アセット・マネジメント部門では、資産運用の魅力を伝える提案を、対面・非対面を問わず積極的に行っています。投資未経験者を含む資産形成層に対しては、資産運用や投資信託を身近に感じていただけるような商品、サービスを展開しています。また、退職世代を含めた幅広い投資家層に対しては、それぞれのライフステージに合わせた商品、サービスの提供やセミナーなどでの情報提供により、投資信託に対する理解をさらに深めていただく取り組みを行っています。

海外事業への取り組み

アセット・マネジメント部門では、今後も拡大が見込まれる海外において、経営資源を効果的に配分しつつ、事業基盤の強化を図っています。海外拠点での運用調査能力の向上に加え、新興地域を含めた海外のお客様に対し、当社ならではの特長ある運用戦略の拡充を通じて、運用資産残高の拡大に取り組んでいます。

責任ある投資家としての活動の促進

アセット・マネジメント部門では、投資先企業の持続的な企業価値向上につながる建設的な対話(エンゲージメント活動)や、ESG課題の解決に資する運用商品の提供、さらには投資教育の継続などに積極的に取り組むことで、資産運用を通じた社会の発展に貢献しています。

デジタライゼーションの促進

2017年に設立した「イノベーション・ラボ」(資産運用先端技術研究部)を軸に、デジタル技術の運用商品への活用に取り組んでいます。さらに、運用領域以外へもテクノロジーを活用するため、デジタル人材の採用・育成にも力を入れています。