マーチャント・バンキング部門

マーチャント・バンキング部門の中核企業として、2018年1月に野村キャピタル・パートナーズ(NCAP)が設立されました。運用資金1,000億円は全額、野村グループの自己資金にて拠出しています。

野村グループでは現在、営業部門においてはコンサルティング・ビジネスの深化に、またホールセール部門ではインベストメント・バンキングとグローバル・マーケッツ双方の強みを生かしたソリューション・ビジネスに取り組んでいます。その中で近年、お客様からさらに幅広いソリューションへの期待をお寄せいただくことが増えており、本ビジネスを立ち上げることとしました。

多様化・複雑化するお客様のさまざまな課題に対し、野村グループの自己資金を活用したエクイティ等の資金提供と、人的な支援を含むさまざまなソリューション提供ならびにお客様との協働を通じて、課題の解決と事業成長の実現を共に目指しています。

投資理念・哲学および特徴

NCAPは「エクイティ等のリスクマネーの提供」と「企業価値向上支援」を通じて、お客様の課題解決と企業の更なる成長を実現することを目指します。

投資理念・哲学

徹底的な企業価値向上支援を通じた企業の成長ポテンシャルの最大化

企業が本来有する成長ポテンシャルを最大化するために、経営陣による経営戦略の策定および実行を全面的に支援します

日本経済および資本市場やプライベート・エクイティ(PE)市場の活性化と発展への貢献

野村グループがマザーマーケットとする日本の経済、資本市場そしてPE市場の成長と活性化に貢献するとともに、投資に関連するあらゆるステークホルダーに対し、投資を通じた経済価値を享受いただけるよう取り組みます

志高く有能なプロ人材が集結し協働する強力なチーム運営

野村グループ内外のプロ人材が集結し、ワンチームとして協働することを通じて、投資先の経営陣や従業員にとって真に役に立ち信頼されるチーム運営を目指します

NCAPは、野村グループの一員として、野村グループの強みを最大限に活用し、長期的なコミットメントを実現します。

NCAPは野村グループ内外の経営資源を最大限に活用し、お客様の「事業」「財務」「組織」面について全面的に支援します。