業績

業績

2022年3月期は前年比3%の減収、2%の減益でした。営業部門やインベストメント・マネジメント部門は残高拡大の取り組みが進捗したものの、マーケット環境の悪化を背景に減収となりました。ホールセール部門は増収でした。海外中心にアドバイザリー・ビジネスが好調で、インベストメント・バンキングは直近6年間で最も高い収益となりました。

グループ業績推移

  • 全社収益
  • 主要3セグメント収益
  • 当社株主に帰属する当期純利益(損失)

主要3セグメントは、営業部門、インベストメント・マネジメント部門、ホールセール部門で構成。インベストメント・マネジメント部門は、アセット・マネジメント部門およびマーチャント・バンキング部門を廃止し、2021年4月1日付で新設。その為、2021年3月期迄のインベストメント・マネジメント部門の数値は旧アセット・マネジメント部門の数値を使用

2022年3月期の主要3セグメントの収益

イメージ:3セグメントの収益合計(2021年3月期)

主要3セグメントの収益のうち、約4割が海外、約6割が日本関連のビジネスです。日本という強固なマザーマーケットと、グローバル・フランチャイズが野村グループの強みです。

主要3セグメントは、営業部門、インベストメント・マネジメント部門、ホールセール部門で構成。インベストメント・マネジメント部門は、アセット・マネジメント部門およびマーチャント・バンキング部門を廃止し、2021年4月1日付で新設。その為、2021年3月期迄のインベストメント・マネジメント部門の数値は旧アセット・マネジメント部門の数値を使用