業務情報 | 運用資産残高推移

アセット・マネジメント部門 運用資産残高

(単位:兆円) 数値は、グロス・ネットの順、2014年3月末通期:38.7・30.8、2015年3月末通期:48.1・39.3、2016年3月末通期:48.2・40.1、2017年3月末通期:52.6・44.4、2018年3月期6月末:54.4・46.1、2018年3月期9月末:56.4・48.0、2018年3月期12月末:59.1・50.7、2018年3月期3月末:57.8・50.0

ネットは野村アセットマネジメント、野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジー、ノムラ・コーポレート・リサーチ・アンド・アセット・マネジメント、野村プライベート・エクイティ・キャピタルの運用資産の単純合計(グロス)から重複資産控除後

グロスは上記4社の運用資産の単純合計。2016年3月期第3四半期より計上方法を変更し、グロス残高を遡及修正。野村アセットマネジメントが、野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジーの機関投資家向けの顧問関連事業を2015年7月1日付、リテール運用関連事業を2015年10月1日付、野村プライベート・エクイティ・キャピタルを2015年12月1日付で承継

アセット・マネジメント部門 運用資産残高(ネット)-ビジネス別

※下記表は横にスクロールしてご覧ください。

  通期 月次
2014年
3月末
2015年
3月末
2016年
3月末
2017年
3月末
2018年
3月末
2018年
4月末
2018年
5月末
投資信託ビジネス 21.1 27.0 26.7 29.5 34.1 34.9 34.5
投資顧問ビジネス 9.7 12.3 13.4 14.8 15.9 16.2 16.1
運用資産残高(ネット) 30.8 39.3 40.1 44.4 50.0 51.1 50.6

単位は兆円です。

直近月末の運用資産残高は速報値

2018年4月より、野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジーは、アセット・マネジメント部門の帰属から、セグメント「その他」に変更

Nomuraレポート(統合レポート)資料請求
IR情報についてのお問い合わせ
株価チャート
ニュースリリースメール配信登録