SDGs with Nomura

未来は変えられる。一緒なら、きっと。

真に豊かな社会を支えるために、正しいお金の循環をつくり、良い経済の仕組みを作ること。
これが、金融サービスを生業とする私たち野村グループの本質的な在り方です。

同時に、持続可能な社会の構築には、幅広いステークホルダーとパートナーシップを組むことで、
時代が求める多様な変化を生み出すことが大切だと考えています。

そんな想いのもと、私たちはサステナブルな社会の実現に向けた歩みを加速していきます。
志を同じくする仲間と共に。
未来は変えられる。一緒なら、きっと。
SDGs with Nomura

SDGs 持続可能な開発目標とは

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットで採択された、
2030年までに持続可能でより良い社会を実現するための17の目標です。
「持続可能な開発」とは、将来世代のニーズを損なうことなく現役世代のニーズを満たす開発のことを言います。
SDGsは途上国・発展国を問わず国連加盟国すべてが取り組む目標であり、
民間企業や市民社会も「全員」がそれぞれの役割を果たすことが期待されています。

  • 1 貧困をなくそう
  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

野村グループの最重要課題とSDGsへの貢献

環境や社会との調和のとれたビジネス成長が求められる中、
野村グループでは経営ビジョン「社会課題の解決を通じた持続的成長の実現」を掲げています。
このビジョンをふまえ、「野村グループ経営の重要課題」を見直すとともに、
私たちが特に取り組むべき7つの最重要課題を特定しました。
最重要課題への取り組みは、SDGsへの貢献にもつながります。
野村グループにとって、SDGsは創立以来取り組んできた「真に豊かな社会の創造」に向けた活動の継続と、
その更なる強化を後押しするものです。当社はSDGsの17の目標すべてに果たすべき役割を有していますが、
その中でも特に当社と関係性の深いものを以下に示しました。

最重要課題

  • 1 貧困をなくそう
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 持続可能な社会の創造に資する金融サービスの提供
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • デジタル化等による
    顧客サービス・生産性の向上
  • 「パブリック」から「プライベート」へのビジネスの拡大・強化
  • 収益を踏まえた既存ビジネス・ポートフォリオの継続的な見直し

最重要課題

  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 行動規範の浸透
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 財務の健全性と透明性の確保
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 社員が生き生きと働ける環境

※SDGsのロゴは最重要課題のみならず、重要課題の全項目に対するものです。

野村グループの取り組み

豊かな社会を実現するために野村グループがステークホルダーと共に取り組む活動をご紹介します