このページの最初
このページの本文へ移動
ここからこのページの本文

野村グループ概要

数字で見る野村グループ 野村のビジネス・モデル グローバル・ネットワーク

数字で見る野村グループ

世界30カ国以上の拠点の役職員数:28,865名、1925年創立(創立90年を迎えました)、国内最大の顧客資産残高:100.6兆円、グループ役職員の国籍:70カ国以上、運用資産残高(投資信託やETFなど、国内外の個人・機関投資家のみなさまから委託され運用している資産残高):40.1兆円、国内の野村證券店舗数:158店、グローバル・リサーチは世界経済・金融指標の90%をカバー、大学への寄付講座や小・中・高校生向け金融経済教育の出張授業累計受講者数:72万人

(2016年12月末現在)

野村のビジネス・モデル

野村グループは、営業、アセット・マネジメント、ホールセールという3つの部門が横断的に連携して、国内外のお客様に付加価値の高いサービスを提供しています。

野村のビジネス・モデル
お客さま:「個人投資家」「企業、各種法人・団体、地方公共団体など」「国内外機関投資家」

グローバル・ネットワーク

グローバル・ネットワーク

(2016年3月末時点の社員数概算)

このページのメインメニューへ戻る