日経STOCKリーグ発表会・交流会を開催-受賞・入選学生と野村社員が交流

2014年3月25日、27日に、野村グループ主催による日経STOCKリーグ発表会・交流会を東京および大阪で開催しました。このイベントは、野村グループが14年にわたり支援している株式学習コンテスト、日経STOCKリーグに参加し、優秀な成績を修めたチームの学生が、自らの研究テーマについてプレゼンテーションを行い、野村グループ社員が講評を行うものです。学生には、社員とのディスカッションを通じて実際の職場やマーケットの雰囲気を感じてもらうとともに、社員が、次世代を担う若者が社会や経済をどのように捉えているかを知ることのできる機会として開催しています。昨年同様、東京の大手町本社と大阪支店の2箇所で開催しました。

今年は、日本の魅力を世界に発信していこうとする企業や社会的責任を果たしている企業に注目したチームが多かったようです。出席した社員からは、学生の堂々としたプレゼンテーションに感銘を受け、「若い世代の発表は非常に新鮮で、良い刺激をもらった」「学生ならではの切り口に、投資の新しい視点をもらうことができた」との感想がありました。また、学生とともに参加頂いた先生からは、「参加した他校の生徒や社員の方々とお話しすることで、学生はとても良い刺激を受けました。このような場で活きた経済に触れ、自ら学び考えていくことの大切さを知ることは、学生にとって良い経験になると思います」とのご意見を頂きました。

野村グループでは日経STOCKリーグをはじめとするさまざまな金融経済教育の場を通じて、次世代の人材育成に貢献していきます。

受賞レポートおよびチームの紹介については、man@bowサイトをご覧下さい。

Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー グループ会社の活動を動画でご紹介