野村グループ、文部科学省等が主催する「土曜学習フェスタ」で授業を実施。下村文部科学大臣も視察

4月26日に東京都品川区立日野学園で土曜学習フェスタが行われ、野村グループは第1部の土曜日教育ボランティア応援団として、プログラムの1コマを担当しました。

土曜学習フェスタとは、文部科学省が子どもたちの豊かな教育環境の実現に向けて、地域や企業の協力を得て推進している「土曜日の教育活動推進プロジェクト」の一環です。この日は下村文部科学大臣も出席して、文部科学省や野村グループなど7団体が授業を行いました。フェスタ全体では約200名の児童および保護者が来場し、各自興味のある授業に参加しました。

野村グループが担当した授業では、「世界のお金をまなぼう」をテーマに、4年生から6年生までの児童23人が国別のチームに分かれ、国ごとに異なる通貨を使っていることや、通貨の価値が変わることを楽しく学びました。下村文部科学大臣も野村の授業を視察し、子どもたちが各国の通貨を学ぶ姿を見学しました。

金融・経済教育の普及

Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー グループ会社の活動を動画でご紹介