※現在ご利用のブラウザではTwitterの共有ボタンはご利用いただけません

PDF(107KB)

年賀式 奥田健太郎グループCEO発言要旨

2021年1月4日

野村ホールディングス株式会社

野村グループの「創業の精神」十カ条は、「顧客第一の精神」をはじめ、現在でも通じるものばかりです。その中に、「先取りの精神」、「常に一歩前進することを心がけよ。停止は退歩を意味する。」という言葉があります。お客様にこれまでと同じ商品やサービス、情報を提供し続けるだけでは十分とはいえません。新しいことに取り組み、変化するスピードをさらに上げて常に前進していかなければなりません。

近年、さまざまなビジネス分野でデジタル化が進み、当社でもDX(デジタルトランスフォーメーション)への取組みを強化していますが、差別化の鍵は「コンテンツ」と「人」だと考えています。昨年はコンテンツ・カンパニーを新設しました。本年は、人材の育成・強化にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。
いかに優秀な人材であっても、お客様へ付加価値を提供し続けるためには、環境の変化に合わせた新しい知識の習得や、新しい取組みへの挑戦が必要となります。昨年は、当たり前だと思っていたことが突然そうではなくなることを目の当たりにしました。変化に対応するために大切なことは、学び続ける姿勢、常に新しいスキルや知識を更新していくことです。会社としても全力でサポートしていきます。

「野村グループ行動規範」を公表して1年が経ちました。法令諸規則の遵守はもちろん、野村グループの一員としての誇りと高い倫理観を持った行動が求められています。お客様を含むすべてのステークホルダーからの信頼なくして、当社は存在できません。私たちの一つひとつの行動が信頼を作り、この会社を大きくしていくのです。自らの仕事に誇りをもって働くことのできる会社にするために、一緒に頑張っていきましょう。

Nomura Connects
NOMURA 日本の挑戦を、サポートするという誇り。東京2020 ゴールド証券パートナー