インベストメント・マネジメント部門

インベストメント・マネジメント部門は、多様化するお客様の運用ニーズに応える商品ラインナップの拡充やサービスの向上を目的として、広義のアセット・マネジメント・ビジネスを担っています。

インベストメント・マネジメント部門には、伝統的資産を中心とする投資運用ビジネスに強みを持つ野村アセットマネジメントをはじめ、プライベート・エクイティ/プライベート・デットや航空機のリース取引などオルタナティブ・アセットへの投資を展開する野村グループの投資・運用関連会社が所属しています。

株式・債券に代表される伝統的資産からプライベート・エクイティ等のオルタナティブ資産にいたるまで、幅広いアセット・クラスに対して、グループ内に蓄積された投資運用ビジネスのノウハウや専門性を融合し付加価値を向上させることで、お客様の多様なニーズに対するサービスとソリューション、幅広い投資機会の提供を目指します。また、資産運用ビジネスのさらなる高度化や投資対象の拡大、海外戦略を含めたオーガニック・インオーガニックな成長の実現に向けて取り組んでいきます。

インベストメント・マネジメント部門の
主な投資・運用関連会社

インベストメント・マネジメント部門には、野村アセットマネジメント、野村キャピタル・パートナーズ、野村メザニン・パートナーズ、野村リサーチ・アンド・アドバイザリー、野村バブコックアンドブラウン等のグループ会社が所属しています。

野村アセットマネジメント

野村アセットマネジメントでは、世界14か国において約1,300名のプロフェッショナルが、各地域の個人投資家のみならず年金基金や機関投資家に至るまでの幅広い投資家層に対し、高品質な運用戦略、商品ならびにサービスを提供しています。お客様の資産を預かる責任ある投資家として、世界中の多種多様な資産運用ニーズを的確に捉え、投資リターンの向上のみならず、投資先企業との対話を含むスチュワードシップ活動を通じて、資本市場の成長と発展に貢献していくことを目指しています。

野村キャピタル・パートナーズ

2018年1月に設立された野村グループのプライベート・エクイティ投資会社です。事業再編・事業再生・事業承継・MBOなど、多様化・複雑化するお客様のさまざまな課題に対して、エクイティなどのリスクマネーの提供と、さまざまなソリューション提供、ならびに、お客様との協働を通じて、課題の解決と事業成長の実現をともに目指しています。

野村バブコックアンドブラウン

野村グループと米国のリース・ファイナンス分野でトップクラスのバブコック・アンド・ブラウンとの合弁会社として1986年に設立され、ビービーエーエム・エアクラフト・マネジメントと業務提携を行いながら、航空機等の大型物件の国際リース取引の組成等を行い、質の高い事業投資機会を提供しています。

アメリカン・センチュリー・
インベストメンツ社との戦略的提携

野村ホールディングスは、2016年5月19日、米国の独立系投資顧問会社、アメリカン・センチュリー・インベストメンツ社(ACI)の経済的株式持分約41%(議決権比率10.1%)を取得しました。