※現在ご利用のブラウザではTwitterの共有ボタンはご利用いただけません

PDF(100KB)

株式報酬としての自己株式処分の処分株式数および割当人数等の確定に関するお知らせ

2021年5月7日

野村ホールディングス株式会社

野村ホールディングス株式会社(代表執行役社長 グループCEO:奥田健太郎、以下「当社」)は本日、2018年5月14日付ニュースリリース「株式報酬としての自己株式処分および自己株式処分に係る発行登録に関するお知らせ」においてお知らせした、2018年5月14日開催の経営会議において決定(以下「2018年決定」)した自己株式の処分、2019年5月16日付ニュースリリース「株式報酬としての自己株式処分に関するお知らせ」においてお知らせした、2019年5月16日開催の経営会議において決定(以下「2019年決定」)した自己株式の処分および2020年5月27日付ニュースリリース「株式報酬としての自己株式処分に関するお知らせ」においてお知らせした、2020年5月27日開催の経営会議において決定(以下「2020年決定」)した自己株式の処分のうち、第3回譲渡制限株式ユニット(Restricted Stock Unit(RSU))、第9回譲渡制限株式ユニット(Restricted Stock Unit(RSU))および第15回譲渡制限株式ユニット(Restricted Stock Unit(RSU))に係る処分株式数および割当人数等が下記のとおり確定しましたので、お知らせします。

第3回RSU
(1) 自己株式処分日 2021年5月6日
(2) 処分する株式の種類および数 当社普通株式 8,896,638株
(3) 処分価額 1株につき611.4円
(4) 処分価額の総額 5,439,404,474円
(5) 出資の目的とする財産ならびに
当該財産の内容および価額
出資の目的とする財産:金銭以外の財産(現物出資財産)
現物出資財産の内容:2018年決定に基づき付与される対象者の当社に対する金銭報酬債権

現物出資財産の価額: 5,439,404,474円(1株につき処分価額と同額)
(6) 処分方法 下記(8)記載の対象者に対して株式報酬として割り当てます。
(7) 出資の履行方法 金銭報酬債権の現物出資によります。
(8) 割当ての対象者およびその人数
ならびに割り当てる株式の数
当社の取締役および執行役(社外取締役を除く)
8名 86,097株

当社の使用人等
28名 559,338株

当社の子会社の取締役、執行役および使用人等
1,765名 8,251,203株
第9回RSU
(1) 自己株式処分日 2021年5月6日
(2) 処分する株式の種類および数 当社普通株式 6,037,966株
(3) 処分価額 1株につき371円
(4) 処分価額の総額 2,240,085,386円
(5) 出資の目的とする財産ならびに
当該財産の内容および価額
出資の目的とする財産:金銭以外の財産(現物出資財産)
現物出資財産の内容:2019年決定に基づき付与される対象者の当社に対する金銭報酬債権

現物出資財産の価額: 2,240,085,386円(1株につき処分価額と同額)
(6) 処分方法 下記(8)記載の対象者に対して株式報酬として割り当てます。
(7) 出資の履行方法 金銭報酬債権の現物出資によります。
(8) 割当ての対象者およびその人数
ならびに割り当てる株式の数
当社の取締役および執行役(社外取締役を除く)
5名 31,063株

当社の使用人等
9名 63,654株

当社の子会社の取締役、執行役および使用人等
1,240名 5,943,249株
第15回RSU
(1) 自己株式処分日 2021年5月6日
(2) 処分する株式の種類および数 当社普通株式 15,038,188株
(3) 処分価額 1株につき436円
(4) 処分価額の総額 6,556,649,968円
(5) 出資の目的とする財産ならびに
当該財産の内容および価額
出資の目的とする財産:金銭以外の財産(現物出資財産)
現物出資財産の内容:2020年決定に基づき付与される対象者の当社に対する金銭報酬債権

現物出資財産の価額:6,556,649,968円(1株につき処分価額と同額)
(6) 処分方法 下記(8)記載の対象者に対して株式報酬として割り当てます。
(7) 出資の履行方法 金銭報酬債権の現物出資によります。
(8) 割当ての対象者およびその人数
ならびに割り当てる株式の数
当社の取締役および執行役(社外取締役を除く)
4名 64,490株

当社の使用人等
28名 910,040株

当社の子会社の取締役、執行役および使用人等
1,727名 14,063,658株
Nomura Connects
NOMURA 日本の挑戦を、サポートするという誇り。東京2020 ゴールド証券パートナー