※現在ご利用のブラウザではTwitterの共有ボタンはご利用いただけません

PDF(200KB)

高校の新学習指導要領に準拠した金融・経済教育プログラムの開発について

2021年9月16日

野村ホールディングス株式会社

野村ホールディングス株式会社(代表執行役社長 グループCEO:奥田健太郎、以下「当社」)と、株式会社ARROWS(CEO:浅谷治希、以下「ARROWS」)は、2022年度から始まる高等学校の新学習指導要領(家庭基礎、家庭総合)に準拠した金融・経済教育プログラム「金融の専門家が教える 人生を輝かせるお金のリテラシー」(以下「本プログラム」)を開発しました。

映像教材

映像教材

授業用スライド(抜粋)

授業用スライド(抜粋)

本プログラムでは、生活設計や資産管理の重要性から始まり、株式や債券、投資信託といった金融商品の特徴や安全性・流動性・収益性、そして投資信託の種類や具体的な内容まで、幅広く学ぶことができます。また、スライドや進行台本、ワークシートなど、授業で必要な資料はすべてパッケージ化され、授業でそのまま使用できるなど、家庭科教員の負担軽減や利便性にも配慮しています。
当社は2021年度下期以降、ARROWSを通じて、学校現場での本プログラムの普及・利用促進を図っていきます。

Drive Sustainability.

野村グループは、「Drive Sustainability.」というコンセプトのもと、サステナブルな社会の実現と社会的課題の解決のため、ESG/SDGsに関連する活動に積極的に取り組んでいます。今後も、金融・経済教育の拡大に積極的に取り組み、金融リテラシーの向上と「貯蓄から投資を通じた資産形成へ」の流れの推進に貢献していきます。

(1)授業用スライド、(2)授業用進行台本、(3)ワークシート、(4)単語帳、(5)映像教材、(6)授業実施のための参考資料がパッケージされています。

Nomura Connects
NOMURA 日本の挑戦を、サポートするという誇り。東京2020 ゴールド証券パートナー