※現在ご利用のブラウザではTwitterの共有ボタンはご利用いただけません

PDF(112KB)

第6回サステナブルファイナンス大賞(一般社団法人環境金融研究機構)サステナブル・イノベーション賞の受賞について

2021年1月20日

野村證券株式会社

野村證券株式会社(代表取締役社長:森田敏夫、以下「当社」)は本日、一般社団法人環境金融研究機構※1(以下「RIEF」)が実施する第6回サステナブルファイナンス大賞において、日本エアーテック株式会社(代表取締役社長:平沢真也、以下「日本エアーテック」)と共同で、サステナブル・イノベーション賞を受賞しました。

サステナブルファイナンス大賞は、RIEFが日本のグリーン&サステナブルファイナンスの分野で目覚ましい活動を展開した金融機関、企業等を表彰するもので、今回で6回目となります。当社は昨年度の優秀賞に続いての受賞となりますが、今回は、新株予約権を活用した日本エアーテックのサステナブルFITs※2が日本独自のサステナブルファイナンスの発展に貢献すると評価され、サステナブル・イノベーション賞の受賞となりました。

Drive Sustainability.

野村グループは、「Drive Sustainability.」というコンセプトのもと、サステナブルな社会の実現と社会的課題の解決のため、ESG/SDGsに関連する活動に積極的に取り組んでいます。グリーンボンドやソーシャルボンド、サステナビリティボンド等のSDGs債の引受けや継続的な商品の開発と提供を通じて、気候変動対策や社会課題を解決するための資金需要と、投資を通じて社会に貢献したいという投資家の想いとの橋渡し役を担います。そして今後もSDGsの達成に向けた取組みを推進し、日本のSDGs関連市場の発展をサポートしながら経済成長と社会の持続的な発展に貢献していきます。

1 環境金融研究機構は、環境と金融を融合させた環境金融の考え方の普及・啓発・発展・展開を目指す非営利団体です。

2 2020年3月26日付ニュースリリース「日本エアーテックによる行使価額修正条項付第9回新株予約権(サステナブルFITs)発行のお知らせ」をご参照ください。

Nomura Connects
NOMURA 日本の挑戦を、サポートするという誇り。東京2020 ゴールド証券パートナー