※現在ご利用のブラウザではTwitterの共有ボタンはご利用いただけません

PDF(91KB)

株式会社野村総合研究所による自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)への応募および特別利益の計上に関するお知らせ

2021年6月22日

野村ホールディングス株式会社

野村ホールディングス株式会社(代表執行役社長 グループCEO:奥田健太郎、以下「当社」)は、株式会社野村総合研究所(以下「野村総合研究所」)が2021年6月22日に実施した自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)における自己株式取得において、当社が保有する野村総合研究所普通株式の一部を応募(以下「本件取引」)したことに伴い、特別利益を計上する見込みとなりましたので、下記のとおりお知らせします。

1. 本件取引の内容

(1) 1株あたりの売却価格 3,545円
(2) 売却株式数 14,105,000株
(3) 本件取引後の所有株式数 159,838,510株(野村プロパティーズ株式会社を通じて保有する株式67,518,000株を含みます)
(発行済株式総数に対する割合:27.1%)
(4) 売却総額 50,002,225,000円

野村総合研究所の2021年3月31日時点の発行済株式総数(自己株式およびNRIグループ社員持株会専用信託が保有する野村総合研究所株式を除く、603,472,951株)から、野村総合研究所が2021年6月22日に取得した自己株式数(14,105,000株)を減算した株式数(589,367,951株)

2. 今後の見通し

本件取引に伴い、2022年3月期第1四半期における、連結財務諸表上の税引前四半期純利益に約360億円、個別財務諸表上の関係会社株式売却益に約490億円を計上する見込みです。
なお、本件取引後も、野村総合研究所は継続して当社の持分法適用関連会社であり、当社の戦略上重要な関連会社として引き続き提携・協働関係を維持していきます。

Nomura Connects
NOMURA 日本の挑戦を、サポートするという誇り。東京2020 ゴールド証券パートナー