「がんアライアワード2020」において3年連続でゴールドを受賞しました

野村グループでは、健康経営推進の一環として、がんなどの病気の治療と仕事の両立支援にも取り組んでいます。

このたび野村證券は、がん罹患者が治療しながらいきいきと働くことができる職場や社会を実現するための民間プロジェクト「がんアライ部」主催の「がんアライアワード2020」において、3年連続でゴールドを受賞しました。

12月2日にオンライン開催された表彰式において、アワード開始当初からゴールドを受賞している当社の取り組みについても発表しました。

「がんアライアワード」は、がん罹患者の味方「アライ(ally)」であることに加え、がんとともに働きやすい企業であることを宣言したうえで、具体的な取り組み内容について審査を受けます。今年は、野村證券を含む16社がゴールドを受賞したほか、12社がシルバー、2社がブロンズを受賞しました。

野村證券の取り組み

野村證券では、今後も社員ががんに関する正しい知識を基にアクションを起こすことができ、がんになってもいきいきと働き続けることができる企業であることを目指します。

NOMURA 日本の挑戦を、サポートするという誇り。東京2020 ゴールド証券パートナー
Nomuraレポートダウンロード
サステナビリティについてのお問い合わせ
メディアギャラリー