ここからサブメニュー
会社概要
サブメニューここまで
ここからこのページの本文

ご挨拶

人口減少や少子高齢化、IT化を含め、医療・介護の領域を取り巻く経営環境が大きく変化してきている中、野村ヘルスケア・サポート&アドバイザリーは2006年4月の創業以来、国内外における野村グループのネットワークも活用しつつ、医療・介護の経営に携わる皆さまをはじめ幅広くヘルスケア分野に対して様々なサービスを提供してまいりました。

その主な内容は、

  • 事業承継対策を含めたM&Aのサポート
  • 老朽化した施設の建替えコンサルティング
  • 経営支援や改善にかかるコンサルティング

等ですが、いずれもサービス提供の過程で地域医療連携の必要性の議論は避けて通れず、例えば地域医療連携推進法人制度の活用の是非などを選択肢のひとつとして検討するケースも増えてきています。
実績豊富で多様な人材を揃え、様々な経営課題に対してワンストップでスピーディーに解決策を提供する体制を整えています。

社会インフラとしての公共性及び重要性が高い医療・介護の分野は、各地域における安心・安全なくらしに不可欠であるのみならず、日本の経済成長に貢献する分野としても注目されています。
当社は、医療・介護のさらなる充実や抱える課題の克服への寄与を通じて、社会に貢献することを目指してまいります。
少しでも皆さまのお役に立てますよう、たゆまぬ努力とノウハウの蓄積に励んでまいりますので、当社をご愛顧いただきますよう何とぞよろしくお願いいたします。

代表取締役社長
森 清司

このページのメインメニューへ戻るこのページのサブメニューへ戻る