ダイバーシティ&インクルージョン|グループ会社

野村グループでは、グループ全体のダイバーシティ&インクルージョンの推進にかかる事項は、委員会及びワーキンググループ等を設置し、経営戦略の観点から審議しています。サステナビリティ委員会は、グループCEOを委員長とし、経営会議のメンバーで構成され、審議内容は取締役会にも適宜報告されます。

ダイバーシティ&インクルージョン推進ワーキンググループでは、より具体的に現場の実情に即した審議を行っています。メンバーは、執行役・執行役員とグループ各社、グローバル各地域の代表で構成し、野村證券従業員組合とも意見交換をしながら具体的な推進策を協議するなど、コミュニケーションを密にし、グループ全体の環境づくりを進めています。

野村アセットマネジメント

多様なバックグラウンドをもつ社員が、自身のもつ能力ややる気を最大限に発揮できる職場環境づくりを進めています。働き方改革では、(1)長時間労働の是正、(2)年休の取得促進、(3)柔軟な働き方の促進において、KPIを定めて取組んでいます。女性活躍推進では、行動計画に基づき研修や座談会などを行っているほか、社内ワーキングを立ち上げ、資産運用会社の視点から女性の活躍を支援する取組を行っています。

野村信託銀行

女性活躍推進の分野では、厚生労働省から女性が活躍する企業としての認証「えるぼし」の最上位を2016年に取得しています。また、2014年10月にWIN-TB(Woman - in Nomura Trust & Banking)という社内ネットワークを発足し、介護・育児・ストレスケア・セルフブランディングなどさまざまなテーマで継続的にイベントを開催しています。制度面でも「介護休暇」「年次有給休暇」の時間単位取得など、働きやすい環境作りに努めています。

野村ビジネスサービス

多様性を尊重した人材の育成を最重要課題の一つとし、女性、シニア等、多様な社員の働きやすい環境作りに取り組んでいます。具体的には、女性社員の就業継続を応援するために、法定を上回る両立支援制度に加え、支店長等の役職への登用や、次世代リーダーの育成、男性社員の育児休暇取得促進を行っています。また、介護に関する制度の整備や健康経営の周知に努め、社員一人ひとりが能力や個性を十分に発揮して活躍できる機会を提供しています。

Nomuraレポートダウンロード
サステナビリティについてのお問い合わせ
メディアギャラリー