重要課題(マテリアリティ)

豊かな自然環境と健やかな社会環境は、経済やビジネスの発展、人々の暮らしにとっての基盤であり、「真に豊かな社会の創造に貢献する」という野村グループの社会的使命もまた、この基盤なくしては成しえません。私たちは、地球環境の保全や多様な人々の活躍の推進といった取り組みが経済活動や社会の維持と発展に不可欠であることを認識しながら、商品やサービスを広げ、グローバル展開やコーポレート・ガバナンスの強化を進めてきました。
2020年5月には、創立100周年にあたる2025年に向けて、新たな経営ビジョン「社会課題の解決を通じて持続的な成長を実現すること」を、設定しました。「幅広いステークホルダーとのパートナーシップを通じ、さまざまな社会課題の解決へとつなげてまいります。

取り組むべき重要課題

野村グループにおいては、CSRのマテリアリティを2008年より策定 / 公表して以来、国際社会やステークホルダーの声に耳を傾けながら、改定を重ねてきました。
直近では、2020年5月に、創立100周年にあたる2025年に向けて発表した経営ビジョン「社会課題の解決を通じて持続的な成長を実現すること」をふまえて見直しを行い、全体で27の重要課題および、私たちが特に取り組むべき7つの最重要課題を特定しました。引き続き、関連項目を用いながら、進捗を把握し、目指すべき姿に向けて取り組みを進めていきます。

持続的成長に向けた施策 持続的成長に向けた施策 持続的成長に向けた基盤 持続的成長に向けた基盤
イラスト 地球
選定プロセス 選定プロセス 選定プロセス
2020に夢を。2020に力を。
Nomuraレポートダウンロード
CSRについてのお問い合わせ
メディアギャラリー