職場 × 多様性

職場×多様性 多様な価値観やバックグラウンドは強くしなやかなチームを作ります。「普通の人」なんていないから、一人ひとりの違いを野村は大切にしています。

多様な価値観やバックグラウンドは強くしなやかなチームを作ります。
「普通の人」なんていないから、一人ひとりの違いを野村は大切にしています。

野村の多様な社員の活躍

その人だから主役になれることが必ずある
自ら仕事をしたくなるような環境を整備する事が私の仕事です。

岸本 英二郎
支店長(取材当時)

支店長である私は黒子、主役は部下、と考えています。部下の一人ひとりが自発的に仕事に取り組めるよう、しっかりと本人の目線にあわせたコミュニケーションを取るよう心がけています。相手の立場に立たないと絶対に気が付けないことがあり、また、仕事に対して前向きになれる理由は人それぞれ異なります。毎月、支店内で社員を一人ずつ特集した冊子を発行し、一人ひとりの人となりを知り、理解しあえる環境の整備に取り組んでいます。

仕事で一番大事にしているのは「もう一歩」です。しんどい時にもう一歩踏み出す、もう一歩深くお客様の気持ちを考える、もう一歩先の付加価値を提供する。これら全てを新入社員の頃にお客様から教えて頂き、今では私の大切な財産となっています。

今の若手社員は皆優秀です。入社した時から高いスキルを持っているので、あとはやる気の問題でしょう。そこをいかに作っていくかがマネージャーの仕事だと考えています。部下の仕事が認められた時ほど嬉しいことはありません。部下の笑顔、喜びが今の私の最高のやりがいです。

諦めたら何も始まらない。
明るく前向きに何事も精一杯取り組むように努力しています。

毛賀澤 佳代子
自由が丘支店

営業担当者がお客さまに十分な説明が行えているかを検証し、確認するモニタリング業務を行っています。通話録音の膨大なデータから一言一句を聞き逃すことができず、集中力と根気が必要とされます。障がい者となって前職を退職したことや、仕事をしながらの子育てへの不安がありましたが、野村では多くの障がい者や、子育てをしながら頑張っているたくさんの女性社員が働いていることを知り、勇気づけられました。

また、業務を一から覚えていく時も、質問をすればきちんと教えてもらえる環境があるので心強いです。分からないこと、できないことは、必ずその日のうちに解消できるように上司や周りの先輩方に確認するようにしています。これからも、多くの方と関わって、たくさんのことを吸収できるような業務を行っていきたいと思います。

「アライになろう!」を合言葉に、
多様な価値観を持つ社員が力を発揮できる職場を目指して。

野村LGBTアライズ
マルチカルチャーバリュー・ネットワーク

ダイバーシティ&インクルージョンの一環として、LGBTに代表される性的マイノリティへの理解を呼びかける活動をしています。この活動は「アライ」と呼ばれるLGBTの理解者が中心となり、アライを増やすことによりLGBT当事者にとって働きやすい職場作りを目指しています(アライ:英語の「アライアンス(同盟)」の略)。

これまで、LGBT当事者を招いた講演会や、本社の食堂に虹色の「アライになろう!」パンフレットを設置するイベントの実施だけでなく、差別的な発言を聞いた際に指摘をしたり、LGBTについて同僚と話す等、日頃から出来るアライ活動に力を入れています。日本の人口の約5%と言われるLGBT当事者。そこで、95%がアライになることで、多様な価値観を持つ誰もが働きやすく、力を発揮できる職場を目指しています。

取り組み

柔軟で多様な働き方の実現を応援しています

野村では、男女ともに仕事と子育てを両立できる働きやすい職場づくりを目的として、配偶者・パートナーが出産した社員の出産・育児休暇(子が満2歳になるまで。最大5日間)を設け、その取得を推奨しています。2018年度に同出産・育児休暇を取得した男性従業員数は283名(取得割合67%)となりました。
また、法定を上回る育児休業や育児時間など、仕事と子育てを両立させるためのワークライフバランス支援に取り組んできました。その成果が認められ、次世代育成支援対策推進法に基づく認定マーク「くるみん」を2007年度より取得しております(いずれもデータは野村證券)。

障がい者の方に、幅広い雇用機会を提供しています

それぞれの能力や適性に応じ、職場ごとによく話し合いながら、意欲をもって働けるよう、担当の業務を柔軟に決めています。さまざまな部署で障がいをもつ社員が活躍しています。

ダイバーシティ社員ネットワーク:マルチカルチャー・バリュー・ネットワーク(MCV)

MCVでは、人種、国籍、宗教、世代、性的指向などによる多様な文化に着目し、互いの行動原理について理解を深め、気づきを促すことで、社員一人ひとりの持てる強みが十分に発揮できる環境づくりを支援します。テーマの1つであるLGBTAでは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーに代表される性的マイノリティを理解し、支援する「アライ」を増やす活動に取り組んでおり、LGBTAの「A」はアライを表現しています。

ダイバーシティ&インクルージョン
採用情報